2011年4月アーカイブ

UEFA Champions League セミファイナル マンチェスターユナイテッドとシャルケ
内田は先発。朴智星も先発で内田とのマッチアップが楽しみ。

前半の早い時間はシャルケも幾つかチャンスがあったものの、それ以外はほぼユナイテッドのペースで試合が進む。
幾つもあったユナイテッドの決定的なシーンをノイヤーがシャットアウト。

内田の攻撃は少ないながらも効果的なシーンも。攻撃よりはディフェンスを気にしている感じ。
ルーニー、ギグス、ラウルが目立つ感じ。

後半も前半と同じようにユナイテッドのペース。内田がちょくちょく出てくるようになってから、ロングボールで裏へあげることも頻繁に。そんなこぼれ球をルーニーが拾って、ギグスへスルーパス。ちょくちょく外してたギグスもここでは外さずにユナイテッド先制。しかも、アウェーゴール。

シャルケディフェンダのルーズボール処理を誤ったボールをルナンデスがかっさらってルーニーが追加点。

シャルケは中盤でボールを奪ってもパスミスで失う場面が多くもったいない。

ユナイテッドは強いね。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。