2008年2月アーカイブ

vs 韓国

| コメント(0)

東アジア選手権の3戦目。韓国は監督問題でこの前までドタバタしててやっと韓国人の監督が就任したばかりの状況で、若手中心のメンバー。でも海外でプレーしているのは招集されず日本でプレーしているキム・ナミルのみ。
日本もケガ人続出でメンバーが苦しい状況。それはま〜しかたのないことなので。
日本は勝てば優勝。そういった条件のしたでどんな試合になるのやら。

試合の方はまたまた前半の早い時間に左サイドを突かれ失点。韓国の11番のシュートもうまかったけれども、完全にマークの受け渡しが遅れ、今野と中澤の間に入られた感じ。今野はあの位置では難しいとおもうんだけど。そのあとは引き分け上でOKの韓国が無理をしてこないため、日本もある程度ボールを回して前半終了。中村のシュートや山瀬・内田の突破など決定機も幾つかあったけど決めきれず。

後半は韓国のプレッシャーが緩くなってきてさらに日本らしい?攻めができていた感じ。
ショートコーナから山瀬がゴール。山瀬はシュートがうまい。韓国の攻めにも中澤・今野でカバー。
同点に追いついたものの終了間際に不用意なファウルなどをとられ時間を使いタイムアップでドロー。

20080224-00000003-maip-socc-view-000.jpg

左は今日も加治が出ていましたが、どうもフィットしない。まともなクロスは一本もなかったのでは。
中澤はアジアの中では1対1で負ける気がしないのではというほど、勝ちまくっていました。
内田は守備の面でまずいところも幾つかありましたが、攻めに関しては毎試合フィットしてきてる感じです。

○:中澤、中村
×:加治

外国の人が演歌を歌ってる。それもすっげーうまい。

動機も演歌っぽい。

2月20日にデビューするらしい。しかもデビュー曲「海雪」は
作詞:秋元康、作曲:宇崎竜堂
というからなおびっくり。

vs 北朝鮮

| コメント(0)

東アジア選手権の初戦。
北朝鮮は川崎のチョンテセや名古屋にいたアンヨンハなど結構いい選手がいます。
日本は怪我人やら発熱やらでメンバーがベストではないですが・・・

試合の方は前半6分にチョンテセ一人にやられて先制され、そのまま前半終了。
日本はパスに回せるけどトップにはほとんどボールが入らないため殆ど攻められず。北朝鮮は先制後、チョンテセ以外は引いてしまいスペースがなかったのも確かだけど、もう少しイマジネーションを持ってやらないと。

後半は人を代えてくるかと思いきや前半と同じメンバー。
やっぱり前半とおなじ殆ど攻められず。北朝鮮のカウンターにビビリながら何とか攻めに行ってましたがいまいち攻めきれず。安田と前田が途中から入ってなんとか同点に。
後半同点になってから点をとりにいってるようにも見えましたが、結局点は取れず。ここで点がとれないのがやっぱり厳しい。


加治を左に使ったんだけど殆ど何もできず。クロスも数本だけだし。
GKの川島は初戦にしては落ち着いててよかったと思う。前田は評価できるほど時間ではなかったが、前を向こうとする姿勢や足下はやっぱりうまかった。


○:中澤、川島
×:加治、水本、田代、山岸

親知らず

| コメント(0)

風邪やら仕事やらで延び延びになっていた「親知らず抜歯」。
今日とうとう行ってきました。4本生えているので、2回に分けて2本ずつ。

今日抜いた方は比較的真っ直ぐ生えていたので、ものの20分もかからず。抜歯終了。

でも、イタイィィィ。

落ち着いたらもう2本。しばらくユウツや。

サブタイトルは「絶対に失敗しないビジネス経営哲学」

サブタイトルの通り紳助がこれまで実践してきた体験を元に彼なりの経営哲学がかかれています。但し事前条件が幾つかあるのでこの通りに成り立つわけではないですが、本質では間違ってないとおもいます。

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書 し 4-1)

  • 25歳でなんのツテもない京都の河原町ビブレに店を開けた
  • 紳助にとってはゲームの一種
  • 業界を状況を丁寧に観察し、根拠をもって分析する
  • 従業員の接客態度はその人の精神状態によるものがおおきい
  • マニュアルがあっても結局は人の行動である
  • 精神面での労働力を大きくする
  • おもろい高校がないように、おもろいスナックはない
  • ショーパブで自分でステージに上がってた。巨人もつれていかれていやがってた
  • 高いものしか出せない料理屋は客に謝るべきである。
  • 紳助は投資はするが実際に経営はしていない。(アドバイスはしてるみたい)
  • 当事者意識は重要

マネジメント論はいろいろとあるようで書店でもマネジメントに関する本は山のようにある。そんなにあるといったい何を読んだらいいのやら。ま〜体系だったマネジメント論を本当に学ぶ必要があるのかどうかもありますが。

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

この本ではこれまではマネジメントの成果を結果で計っていたものを、行動で計るようにしましょうという感じの内容です。つまり「結果よりも過程が大事よね。」って感じです。
結果も大事だけど、過程も大事。要はバランスの問題でマネジメントする側は楽をぜずきちんとマネジメント対象に関心を持つことが大事なんでしょうね。

vs タイ

| コメント(0)

ワールドカップ3次予選。日本はAFC内でFIFAランキングが上位5国にはいってるため、ここからのチャレンジ。1年7ヶ月もの長期間の予選がとうとう始まりました。

タイは日本サッカー協会の練習場対応でぶち切れたりと外での話題も多かったですが、一部の主力選手が累積警告で出場停止になってたりとベストメンバーではないです。マンチェスターシティーに3選手在籍してるだけに残念です。昔から内弁慶といわれる国なのでアウェーではどうですかね。

im20080206AS1H0601E0602200813.jpg

試合の方は、タイが前半すぐに引き気味にシフトしたので前半は難しかったですね。山瀬は前半はじめのほうは活きてましたが、時間がたつにつれ消えてる時間が多かったように思います。駒野はパスミスが多くいまいち。内田も堅かった。
後半は大久保が2点目をとってからは内田も中村もよかった。大久保は巻が入って一つ下がってた位置でプレーしてたけどトップよりはいまいちだった。特に内田は時間が経つにつれクロスの精度もよくなり、ゴール前まで入ってきたりもしてたし。
高原は完全にブレーキ。打ったシュートは4、5本。うち枠にいったのは1本。コンディションがいまいちな感じです。

中澤、中村、大久保:○
駒野、高原:×

配布するのは自由だが、既にOpenIDを保有している人を何とかして欲しい。
deligateできるんだからそれを指定するぐらいして欲しい。

こんなやり方だと、いままでのアカウント乱発問題が全然クリアにならない。OpenIDの思想からははずれるとおもうんだけどなぁ?

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。