2007年8月アーカイブ

最近Adsenseが「Fカップ」とか「Fカップリン」とか訳のわからない広告を持ってきます。


心の中をのぞかれているかと思ってたら「アジアカップ」のエントリに引っ掛かってきてますね。
そこで掛かるか。面白いぞ。

「男と女の物語」では殆ど無かったが、数字の成り立ちと生成方法やその関係性。四則演算の証明や有理数、無理数、無限大、無限小など数学的な哲学を結構わかりやすく、読みやすくかかれてる。

原書はTexを開発した、D・E・ヌークス。数学者でもあったのね。
数学が嫌いじゃない人はかなり楽しめると思う。あ〜発散とか収束とかが懐かしい。

至福の超現実数―純粋数学に魅せられた男と女の物語

情報隠蔽

| コメント(0)

子供が夏休みなので一端の親としては思い出なんかを作ってみよ〜かといろんなイベントに行くわけですが、最近「夏休みさわれる図鑑」というのに行ってきました。
大きなカメやヒトデやカブトムシなんかをさわれるのと、世界最大の両生類の「ゴライアスガエル」がいるということで大人も退屈しなさそうです。

入り口でチケットを購入し中に入ろうとするとなんか係のお兄ちゃんが騒いでるわけです。なんの事かよくわからず通り抜けてまず、呼び水の世界最大の両生類の「ゴライアスガエル」を見に行くとなんと!!

ゴライアスガエルの展示について予定していた大きな生態が日本到着時に死んでしまったため、現在、体長約20センチの幼体を展示しております。

世界最大級のカエル

という表記。あり得ん。事前にWebサイトも見たのにそんなことは載ってなかった。そこで気がつくわけです、入り口で兄ちゃんがワ〜ワ〜いってたことに。この蛙のことをなんか一生懸命言葉で説明してたみたいです。でっかい張り紙一枚ですむんじゃないの?その方が告知力は強いよね。馬鹿だね。

で何処が主催かかえって調べてみると、よみうりテレビと夏休みさわれる図鑑大冒険実行委員会とかいう第三セク並にやる気のない集団でした。

で、頭にきたので実行委員会に問い合わせてみました。

「昨日、夏休みさわれる図鑑に行きましたが、会場で初めて蛙が死んでるのをきかされました。」
「Webサイトの方に掲示しています。」
「ほ〜どこに?」
「トップページから"会場案内"をクリックして、地図上の"地球の仲間たち"をクリックしたページです。」
「絶対気がつかないですよね。」
「そうですか?」
「きがつきますか。解りました。」

2週間経ってもいっこうに改善されてません。

8/28時点

こうやってだまされる人が増えていくんでしょうね。
ビバ!!情報隠蔽。

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。