2007年7月アーカイブ

大敗だね。

| コメント(1)

この期に及んでまでも「美しい日本を作るために」とか言う、アベさんはやっぱり駄目だ。

あの人は上からモノを言う人の下じゃないと光らないよ。

vs 韓国

| コメント(0)

こんなにも状況が不利な中負けないどころか勝ってしまう韓国は素晴らしい。
日本はハッキリ言って駄目すぎる。

韓国はパクチソンなどA代表に入るべきメンバーが合流せず、五輪代表が多く選出されたチームだったのでやはり本来の力とは若干落ちていたと思う。それはそのままアジアアップの成績になっていたと思う。

そんな韓国に対し、殆ど自滅に近い内容では話にならない。後ろ向きのパス(横と後ろ)さえもつなげない日本は何にもできない。

中村は決勝ラウンドでは殆どパフォーマンスを発揮できず。

○:鈴木
×:中村、中村憲、遠藤

完全に一人にやられた感じ。サウジの9番はすごかった。高い、早い、強い。あの身長であれだけのパフォーマンスができのだからそのうち海外でプレーしそう。とにかく彼一人にやられた感じ。

ディフェンスは3点とられたけど、全ての点で相手のFWが強かった。ロングボールも中盤からの崩しも上手く押さえてたけど、個人の力の部分は完全に負けていた。それが3失点だとおもう。

日本は後半15分過ぎから中盤が全く駄目。パスミスはするわ、パスの精度を欠くわ、シュートは打たないわ。これでは駄目です。特に中村俊。これまでで最もパフォーマンスがわるかった。

○:中沢、阿部、加治、鈴木、巻
×:両中村、遠藤、高原

vs カタール

| コメント(0)

アジア杯1次リーグの初戦。初戦ということもあって両チームとも立ち上がりは非常に慎重な始まり。カタールの方がより守備的な感じ。ただ時折のカウンターから日本がフリーキックを与えやられかける場面も。攻撃に関してはサイドからは幾つか行けていたが、折り返した中央からがもう一つ上手くいかず。山岸は運動量的にも機能していた。
後半はそれなりに攻撃が動いていたように感じる。前半から繰り返したパターンで左サイドを軸に良い流れで点がとれ、得点の場面は流れも形も非常によかった。今野の右アウトサイドでのセンタリングは山岸とボールをお見合い仕掛けたケガの功名な感じもするが。
一点とってからはボールを非常に支配していたが、点を取れる場面やシュートを打つ場面で再三点に結びつかず。最後は自陣ゴール前での阿倍の不注意からFKをあたえ、同点に。

scr070709002-1.jpg

全体的な印象はパスの精度が悪い。グラウンドが悪いのかもしれなが無駄な浮き球や自陣のセーフティエリアでパスミスも数本。またセーフティエリアでのリスクのあるパスも多く、インターセプトからゴール前まで行かれることは数回。
特に中盤の両中村、遠藤、鈴木はもう少し精度良くできるはず。

遠藤はもう少しシュートにいっても良かったんじゃないだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。