UEFA Champions League セミファイナル マンチェスターユナイテッドとシャルケ
内田は先発。朴智星も先発で内田とのマッチアップが楽しみ。

前半の早い時間はシャルケも幾つかチャンスがあったものの、それ以外はほぼユナイテッドのペースで試合が進む。
幾つもあったユナイテッドの決定的なシーンをノイヤーがシャットアウト。

内田の攻撃は少ないながらも効果的なシーンも。攻撃よりはディフェンスを気にしている感じ。
ルーニー、ギグス、ラウルが目立つ感じ。

後半も前半と同じようにユナイテッドのペース。内田がちょくちょく出てくるようになってから、ロングボールで裏へあげることも頻繁に。そんなこぼれ球をルーニーが拾って、ギグスへスルーパス。ちょくちょく外してたギグスもここでは外さずにユナイテッド先制。しかも、アウェーゴール。

シャルケディフェンダのルーズボール処理を誤ったボールをルナンデスがかっさらってルーニーが追加点。

シャルケは中盤でボールを奪ってもパスミスで失う場面が多くもったいない。

ユナイテッドは強いね。

vs ヨルダン

| コメント(0)
アジアカップ2011の初戦。

前半はポゼッション高く、良い形でゲームを進行できたものの、相手のカウンターには何度か危ない場面も。前半終了間際に不運な得点で前半は1-0で折り返し。日本は香川が決定的な場面をえたもののシュートミスで無得点。そこまでの流れは悪くなかった。パスも速く、フリーランニングも多くゲームとしてはいい運び。その中でも長谷部は要所要所で顔を出し、吉田は安定したディフェンスをみせていたので○。松井はパスミスが目立った感じ。内田、長友の両SBがもう少し深いところまで上がる回数がおおくてもよかったかも。

後半はワントップが前田から李へ。後半も前半と同じようにポゼッションは高いものの得点には至らず。松井に替えて岡崎を投入すると香川が真ん中に移り、詰まった感じだったものがちょっと動き出した感じ。その代わり本田がちょっと消えてしまったかも。長谷部、遠藤は常に冷静にプレーできていたと思う。李は残念ながらあまりボールに絡めず。ロスタイム直前にコーナから吉田の頭で同点に。最後に藤本を入れたのはもっと早くても。

でも初戦だし。

Spain vs German

| コメント(0)
スペインがプジョルの一発で決勝へ。

これまでイケイケだったドイツが、らしさを取り戻しつつあるスペインの前に殆ど何もできず。中盤のシャビ、アロンソの二人はききまくってる。

イニエスタは相も変わらず上手。

最後にお気に入りのダビド・シルバもでてきたのでよかった。

決勝はオランダ・スペインというおもしろいカードへ。
諸事情によりサーバを移転しました。

まだ全部設計しきれてないですが、そのうちに。

GERMANY vs ENGRAND

| コメント(0)
ドイツのできが良かった。若いチームなのに凄いね。
イングランドは不運。2点目の幻がねぇ。あれはないよぉ。

でもドイツのエジルは非常に良いプレイヤーですね。スピードとフリーランニングも質が高い。まだまだ凄い若いのに。

ルーニーは1点も決めれずに去ることに。

vs カメルーン

| コメント(0)

日本の初戦。カメルーンはチーム内のゴタゴタで主力が出ないという状態。エトーも中央じゃなくインテルと同じように右で出場。ただ他のメンバーがインテルとちがうので殆ど輝かず。
日本は大久保、松井が常に突っかけている状態で良かった。
本田は慣れないFWで大変だったと思うが、良く前でボールキープをできていたと思う。先制点のシーンは上手くマークを外して回った結果、フリーになって上手くシュートに持って行けたと思う。
後半は完全にパワープレーでこられて、守り一辺倒。ここで攻められるともう一皮むけるんだろうけど。

とりあえずは、勝ち点3を得たので良かった良かった。

○:大久保、松井、長谷部
×:阿部(強いて言うなら)

Eグループの初戦。オランダは自分たちのサッカーを十分に発揮したかんじ。パスの精度とスピードがすばらしい。やっぱりこのレベルのダイレクトパスは速い。後半事故でデンマークのオウンゴールからオランダが先制するも、デンマークもポゼッションはないものの要所ではゴール前までこれてるのでさほど悪くもなく。後半ベントナー代えたぐらいから形が作りにくくなってしまった感じは否めない。

オランダのカイトは非常に運動量が多く、スキルフルですばらしい。ファンボメルは必ず縦をまず選択しようとしているのが印象的。スナイデルも前半の始め以外は良い感じ。

vs イングランド

| コメント(0)

南アW杯直前の親善試合。

イングランドはなんでジェラードでてないんだろ?

前半早々に右コーナからグラウンダーのボールをトゥーリオがダイレクトに蹴り込んで先制。
遠藤はJリーグやアジアのテンポでプレーするので基本的にテンポを崩してる。ルーニーはイライラして下がってボールを受けてるので結構助かってる。でもルーニーは顔に似合わずプレーがやわかくて、繊細、でもパワフルなときはパワフル。

後半からジョーコール、ジェラード出てきた。そしてルーニーのワントップ。ジェラードケガしてたのね。本田のハンドは完全に手を上げちゃったってるし、あんな手をあげたらダメですね。川島がとめたのは凄かった。あとは全体的にイングランドに攻められ放題。そのなかで2つのオウンゴール。結果的には負け。後半はジェラードは後ろで上手くボールを裁いてたのが印象的。

遠藤はなぜ代えられないのか。全てのプレーでスピードが追いついてない。逆転されてから遠藤を代えてそのかわりがなんで玉田やねん。

裏で「新参者」やってたのを忘れて見逃した。

○:長友、川島、長谷部、ルーニー、ランパード
×:遠藤

首相、普天間移設「辺野古に」 沖縄知事「遺憾」

それは最もあかんやろ。

ある意味すごいな。この人は。

だから「しずかちゃん」なんかを大臣に任命することも分かね。

MADRID FINAL 2010

| コメント(0)

今年はサンチャゴ・ベルナベウでバイエルン vs インテル。

バイエルンはリベリがペナルティででられず。インテルとしてはポイントがロッペンだけになってちょっと楽かも。シュバインシュタイガーはボランチになってるのね。インテルはスナイデルがやっぱり楽しみ。


ミリートのゴールでインテル先制。スナイデルは全てに絡んでる。スナイデルはワンタッチが多く、テンポがはやい。後半は完全にモウリーニョのプラン通り。ミリートの2点目は完全にすごい。切り返しが深い。ミリートは前線で非常に強く頑張ってる。エトーも目立ちはしないものの2点目のサポートとかきっちりしてる。バイエルンのトップは殆ど何もできず。
でもやっぱりすごい。なんてったってワンタッチの精度がすごいし速い。
ロッペンは前を向いたら無敵だけど、がっちりはめられてた。

モウリーニョはほんまに男前。

○:サネッティ、スナイデル、ミリート、エトー
×:キブ

最近のコメント

アイテム

  • スクリーンショット(2010-07-10 18.36.17).png